top_13
子育てを支援するアメリカ版子供手当てです。タックスリターンに組み込まれ節税効果の高いクレジットです。

チャイルドタックスクレジット 

17才未満の子供一人につき$2,000のクレジット受け取ります。以下の金額以上の収入がある場合は満額でクレジットを受け取ることができません。

  • ジョイント $440,000
  • シングル、ヘッドオブハウスホールド、未亡人 $240,000
  • セパレート $240,000
チャイルドケアクレジット 

両親が共働きで13才未満の子供を託児施設に預けなければならない場合、託児施設に支払った金額(一人の場合は最高$3,000、二人以上だと最高$6,000)の最大35%(収入によります)のクレジットを受け取ります。

エデュケーションクレジット 

大学、専門学校等の高等教育に支払った教育費用をクレジットで受け取ります。年収制限あり、Tuition and Fees Deductionといっしょにクレームすることはできません。また、スカラーシップ、グラントで受け取った金額は相殺されます。

  • ホープクレジット
    就学2年間で合計最大$2,000をクレジットで受け取ります。
  • アメリカンオポチュニティークレジット
    上記ホープクレジットの時限改訂版。就学4年間で最大$2,500のクレジットを受け取ります。
  • ライフタイムラーニングクレジット
    教育費用のうち最大$2,000をクレジットで受け取ります。上の二つと違い年数制限はありません。