top_22

ステップ1、会社形態の決定

ご自身のビジネスの内容を十分考慮して、会社形態を決定します。

ステップ2、会社名の決定

会社名が使用可能かどうか(すでに同様もしくは似た名前が登録されていないかどうか)を調査します。

使用可能な場合は、会社設立申請書類提出まで60日間、社名を確保することができます。

ステップ3、会社設立申請書類(Article of Corporation、会社定款)の提出。

社名を決定した後、会社設立申請書類を作成し、カリフォルニアのSecretary of Stateに提出します。

ステップ4、取締役会を開く。

取締役会を開催し、取締役及び会社役員の選任、株式発行の承認、会社規則(by-laws)の採択、銀行口座の決定、その他の事項の決定を行います。実際に会を開かなくても書面決議が可能です。

ステップ5、政務申告番号の取得

IRSに申請して、連邦税務申告番号(Federal Tax Identification Number)を取得します。銀行口座の開設、政府関係の申請、登録に必要な番号で、法人版ソーシャルセキュリティー番号です。

ステップ6、株式発行

株式を発行して、会社印と会社様式をセットにした、コーポレートキットをお渡しします。

一連の作業は、会社申請書類を提出後、2週間程度で完了します。お急ぎの場合は2日で完了する「スピード申請」もご利用いただけます。