top_31
カリフォルニア州内で物を売るビジネスオーナーはお客様から州政府に代わりセールスタックスを徴収するためにBoard of Equalization(BOE)にセラーズパーミットを申請します。徴収したセールスタックスは年1回もしくは数回に分けてBOEに払い込まなければなりません(TAX RETURN)。セールタックスレートはロサンゼルス市の場合STATEWIDE TAX 7.25%にCITY TAX 2.25%を加え9.5%となります。

セールスタックスがかかるもの

本、おもちゃ、家具、アクセサリー、服、調理済みの食品など形のあるもの。オンラインビジネスでこれらのものを販売する場合も徴税が必要です。

セールスタックスがかからないもの

レイバーフィー(修理目的の場合のみ)、ダウンロードソフトウェアー、パテント、食料品(レストランで出される料理やテイクアウトフードを除く。)、カリフォルニア州外へのお客様へのセールス。

リセールサーティフィケート(Resale Certificate)

セールスタックスは流通の過程で一度きりしかかかりません。例えば工場で服を作りホールセラーに売り、ホールセラーがお店に卸し、お店がお客様に売る場合、セールスタックスを払うのはファイナルユーザーであるお客様だけで、お店がセールスタックスを徴収しBOEに納めます。もしあなたがセールスタックスを払わずに商品を購入するためにはファイナルユーザーではなくリセーラーであることを証明するリセールサーティフィケート用意する必要があります。

USE TAXとは

カリフォルニア州外からセールスタックスを払わずに購入した物品を使用する際にセールスタックスと同じ額をUSE TAXとして納めます。

例)会社が州外から20台のコンピューターをセールスタックスを払わずに購入した場合、カリフォルニア州が州外のセラーに代わってセールスタックス(USE TAX)を徴収する権利を持ちます。

もう一つはリセーラーがリセール目的でセールスタックスを払わずに購入したものを別の目的で使用した場合にも課せられます。

セラーズパーミット保持者の義務

BOEから以下のリクワイアーがあります。

  1. 売り上げと仕入れをきちんと記帳すること。
  2. レシート、インボイス、契約書等の書類を取っておくこと。
  3. 1、2の情報を使い正しくセールスタックスを納めること。