bookkeeping

ブックキーピングの目的

ブックキーピングの目的は収入と支出の数字をトラックすることによって利益を生み出すチャンスを見つけることと効率のよい税務申告のための財務情報を得ることです。

ブックキーピングに必要な作業

具体的な作業としてはデーターエントリー、毎月のプロフィット/ロスステートメント、バランスシートなどのレポートの作成、ペイロールの用意、税金の支払いなどがあります。

毎日、何百もトランザクションのあるリテールビジネスの場合を除きスタートアップビジネスやスモールビジネスでは専任の経理スタッフを雇い入れるのはあまり現実ではない場合が多く、かといってオーナー自身や他のスタッフが兼任するにしても負担が大きく、肝心の営業活動に支障があっては本末転倒です。

クイックブックなどの経理ソフトもありますが数字を理解するには結局はアカウンティングの知識が必要になるので過度の期待はできません。

もし、以上のケースがあなたのビジネスに当てはまっているのならば会計業務のアウトソースのタイミングかもしれません。

ブックキーピングを外注するメリット

私たち会計業務のプロがあなたのビジネスのお手伝いをするということは人的負担を軽減するだけでなくブックキーピングの結果作成したプロフィット/ロスステートメントやバランスシートなどのファイナンシャルデータを使い、以下の効果を期待することができます。

  1. 商品やサービスをより効率的に値付けをするお手伝いができる。
  2. コストを効果的にしぼるお手伝いができる。
  3. 成長のペースを効果的に考え、将来の投資や支店を出す判断をする際の有効な情報となる。
  4. 節税効果がある、もしくは正確な税務申告を行うことによって無駄なペナルティーをなくすことができる。