top_28
スモールビジネスオーナーが新たに人を雇い入れる場合、同じ$10/HOURで働いてもらうにしても、EMPLOYEE(従業員)にするか、INDEPENDENT CONTRACTOR(独立業務請負人)にするかで、IRSのルールが違ってきます。

EMPLOYEEを雇用する場合、オーナーはIRSやEDD(EMPLOYER DEVELOPMENT DEPARTMENT)に対して、EMPLOYMENT TAX(PAYROLL TAX、UNEMPLOYMENT TAX)を払う義務があります。

INDEPENDENT CONTRACTORの場合は、$600/年以上の支払いがあるならば、IRSと請負人に対してFORM1099-MISCを発行します。一方、EMPLOYMENT TAXを負う義務はありません。

できることなら、INDEPENDENT CONTRACTORとして雇いたいと思われるビジネスオーナーも多いと思います。しかしながら、判断を間違えると過去にさかのぼってEMPLOYMENT TAXの追加徴収があるので要注意です。

以下がIRSが規定するラインです。

EMPLOYEEと考えられる。

  • 他の同業他社の仕事はしていない。
  • あなたの仕事場であなたの道具を使って仕事をしている。
  • あなたが決めたルールで仕事をしている。
  • あなたが決めた時間で仕事をしている。
  • 他の従業員を統括する立場である。
  • 休日出勤手当てなどのベネフィットを受け取っている。

INDEPENDENT CONTRACTORと考えられる。

  • あなた以外の同業他社でも仕事をしている。
  • 請負人は自前のオフィスを持っている。
  • 請負人が自分で時間を決める。
  • 請負人が自分の判断で仕事を行う。
  • 経費が仕事の料金に含まれている。
  • 請負人が自分で広告を出している。